Thorフォーマット(.wtb)をEdaxで学習させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「拡張子がwtbのファイルってどうやって学習するんだ」という人はいませんか?pvbookの学習方法を例に、棋譜から学習させる方法を解説します。(pvbookは、引分最善進行ばかり集めた棋譜データベースです。)

1.pvbookの入手

pvbookは2009 Opening Book Skeletonで手に入れることができます。

01

赤枠で囲んだ分部をクリックでダウンロードできます。解凍すると、「edax-pvbook_2009.wtb」というファイルができるので、BOOKが置いてあるディレクトリに移動させましょう。

wtb0

2.学習方法

wEdax-x64.exeを起動して、「book add ./data/edax-pvbook_2009.wtb」と入力します。(筆者は相対パスで指定しなければならないことに気づかずハマりました。)
wtb1

しばらく(※1)待ち、以下の画面になれば完了です。
wtb2

book.dat.gamというファイルができているので、book.datにリネームすればOKです。

※1
非力なマシンでレベル30とかにすると何年かかるかわからないレベルで終わりません。

[追記:2015/11/19 10:50]
BOOK:レベル24・深さ30
CPU:Core i5-4590
時間:約37時間半
pvbook_lv24_d30.dat

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA