入門講座 中割り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分の打つ場所が減ると不利になることはわかった。
「でも、具体的にどうすればいいかわからない」という人のために、その基本的なテクニックの一つである中割りを紹介します。
 

中割りとは

他の石で囲まれている石のみを返す手のことを言います。


黒番。どこに打つ手が中割りでしょうか?
 
 

 
 

E6が中割りです。


返したE5の石に注目してみましょう。周り8マスに空きマスは無く、全て石です。このように、石に囲まれた石を返すのが中割りです。

例外


白番です。


ここでC3と打つとE5とD4の2石が返ります。


E5の周りは全て石ですが、D4の周りはC5が空きマスになっているので、中割りではないように見えます。しかし、C3に打った直後に黒はC5に打てません。このような形のときも中割りと呼びます。

練習問題

全て白番です。中割りを打ってください。次の1手は?
(正解は「>>」ボタンで確認できます。)
 
No.1

 
No.2

 
No.3

 
No.4

 
No.5

 
No.6

 
No.7

 
No.8

 
No.9

 
No.10

 
No.11

 
No.12

全部できましたか?(・ω・。)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA